スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
多分褒め言葉
今日は家に独りぼっち、厳密に言えば1・5人ぼっち。
先月亡くなった伯父の遺骨がいらっしゃるんで、多分独りではないのかと。
こっちの方が普通に恐いわと友達に言われた。

独りは気楽な分、やっぱちと恐いし淋しい・・・
自分の性格、独りが好きなくせに淋しがりだもんなァ、訳が分からん。
性格だけでなくて、自分と云う存在そのものが相対するもので出来てる気がするんだわ。
別にどうでもいい話だけどさ。

今日は11月3日・・・、ウフフフ
手塚治虫の誕生日なんよ、だから今日は『マンガの日』なんよ!!
この手塚大好きな僕が忘れる訳無いでしょうよ、たぶん記念館は人いっぱいだろうなァ、祝日だし。
この日は文化の日でなく、手塚治虫の誕生日だから祝日になってると信じてる、絶対そうだ、そうなんだよコンチクショウ!
(何故こんなにムキになってるのか、それは自分にも解らない)
あー、手塚治虫記念館行きたいなァ・・・
昨日学校でM先生と仲の良い男の子と友達と4人でシビアなマンガ話もしたっけ。
なんたって内容が劇画メインなんだゼ、自分の年齢のするような会話じゃない気がした☆
それからメインが手塚治虫(しかも晩年作メイン)と山口貴由(小池一夫劇画村塾)なんだから、友達はついていけずに寝ちゃってたな・・・、それが当然のリアクションなんだろうけどさ。
で、3人で出した主な結論。
・手塚作品の『アドルフに告ぐ』は名作で主人公3人は実在の人物(先生曰く)。
・『ネオ・ファウスト』『ルードヴィヒ・B』『グリンゴ』『火の鳥』は惜しむべき未完作品。
・『覚悟のススメ』は知らない人に薦めるのが難しい、例えるなら『北斗の拳』にエログロが追加されたような作品。
・高橋留美子も小池一夫劇画村塾卒業生。

こんな感じ、これ付いて行ける人は僕と友達になろう!

髪がたいぶ伸びてきて、ウザくなってきたんで美容院に行ってきた。
自分、コレでも小学校の頃は腰の辺りまで髪伸ばしてたんだけど、髪を結うのがメンドクなって一気にショートにしたんだよね。
そんで今に至る訳、ショートが1番落ち着く☆
そんで其処の美容院の先生に言われた一言。
『貴方ってどうみても高校生』
・・・こ、コレは褒められてるのか貶されてるのか解らん!!
でも、外見は幼く見えるけど発言は年取ってるっぽく感じるらしいんだよね。
じゃあアレか、自分の実年齢は外見年齢と精神年齢を足して3で割った位なのか!
どうにもこうにも、微妙・・・orz
髪はスッキリしたけど、心はスッキリしない1日。
【2007/11/03】 | 通常日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<やべ・・・ | ホーム | 声が出ない>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://becrazy49.blog73.fc2.com/tb.php/512-59d928fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。