スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
超自虐的な1日
うん、もう気分は史上最悪の鬱だった。
誰とも逢いたくない、喋りたくない、何もしたくない、聞きたくない、見たくない、食べたくない。
そんな気分でも時間は宇宙総て平等に過ぎてゆく故、前に進まないといけない。
一応作品展に出す作品は完成した、ハッキリ云って色んな意味でギリギリ。
作品の質にしても、時間にしても、兎に角総て。
あかんやん、もう死ねるならスパッと死にたいと思う・・・orz

そんな駄作を持って学校に行く途中、電車の中で隣に座った綺麗なおばさんが『学校で絵を描いてるの』と訊いてきた。
欝な気分でも、何気ない話になれば気分が晴れるのでそんな絵の会話を少ししてみた。
心から絵の好きな人に厭な人は居ないのかもしれない、多分。
だってそのおばさん、『ごめんなさいね、初対面でこんな話しちゃって』なんて丁寧に付足してくれた。
うん、良い人と話すって気分良いね☆
帰りに寄った画材店でも店員さんが、『もしかして学生さん?今朝から6人同じものを買ったから課題でもあるの?』と気さくな感じで話しかけてくれたし。
絵を愛する人、好む人は、人間も愛してるのかもしれない。
逆に言えば絵を極端に嫌う人は、人を自分勝手な解釈で毛嫌いしたりするのかもしれない。
自分はハッキリ云ってまだ後者、人間嫌いは一生治りそうもない。
けど絵は好き、これは一体どのジャンルに入るんだろう・・・

今日は寄道せずに真っ直ぐ帰った、精魂疲れ果ててたんだな。
あァ、書店には行ったっけ。
何か面白いマンガが無いかなって探してた。
皆解ってると思うけど、僕は根っからのマイナー嗜好でマンガに於いてもメジャーなものは殆ど読んでない。
読んでない、って言うか皆が騒いで読んでるから逆に『読むもんかい!』と変な対抗意識で読んでないだけだったりするのかも。
だから絶望先生だとかグレンラガン、BASARAなんて名前は知ってるけど『内容、ナニソレ』状態。
本当に面白いモノは自分で探してこそ価値があると思ってる阿呆ですから!
そんな僕が買ったのは、前々から気になってた『皇国の守護者』、無論学校の皆の話題にもなってないマンガ。
1巻半分まで読んだトコだけど、結構面白いし絵柄が好み。
ヤヴァイ、全巻揃えてしまいそうだ・・・
早くコミックケース買わないとマンガの収集がつかん!


あれれ
『ペンタブ久しぶり』
やっぱまだ色は塗れない、疲れてるから。
でも明日は作品展の搬入なんだよな、1日中掛けてって・・・orz
自分含めて皆が協力すれば早く終わるんだろうけど、来ないヤツもいるんだろ、絶対(言っちゃったよ)
そんな訳で、もう次の作品のラフ描いて『皇国の守護者』『ガゴゼ』読んで寝る。
【2007/09/11】 | 鬱日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<糸の切れた凧 | ホーム | 人生の終わり>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://becrazy49.blog73.fc2.com/tb.php/459-7e1a521e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。