スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
ご迷惑を
ホントーに昨日まで何人に迷惑かけたことか、自分。
オンでもオフでも心配してくれる人の気持が痛いほど伝わってきた。
自分が生きてても良いのかも、ってほんの少し感じられた。
完全に回復した訳じゃないけど、昨日よりは良くなったって事は確かなんで。
マジでご迷惑おかけしますた☆(こんな事云ったら逆効果なんじゃ・・・)

ついさっき、南條範夫の『駿河城御前試合』読み終わったトコ。
物語自体は、十一番真剣御前試合とその後を語った短編集なんだけど、如何せん時代劇を読むのは初めてだから、剣の構えとか流派とか書かれてもサッパリ解らん!
青眼だの上段構えだの袈裟切りだの云われたって想像も出来んからなァ・・・
唯、物語全般の阿鼻叫喚・残忍凄惨さは十二分に感じられた事は明白・・・
世にそのままの形で流伝されなかった事、関係書類一切を焼却していた事を考えると、到底史実とは考えられない。
以下、ネタバレ・残虐表現有りなので見たい人だけ反転
WOWOWの『シグルイ』告知CM観た人とかは分かるだろうけど出場剣士22名の中、敗北・相打ち・射殺合わせて16名も死んでいる事。
更には試合後生き残った出場剣士でさえ戦い死んでいる事、つまり全員死んじゃったんだなァ・・・
真剣御前試合の呪われたる所以、見たりと云わんばかり。
しかも因縁の根本の殆どが女との関係を絡んでる、人間の哀しさを増してる気もする。
更に残虐さを増す比喩の仕方、『西瓜を切る如く両断』『柘榴の様な脳漿をみせて』『切断面から溢れる血』・・・
結構食べ物関連で喩えられてるよね、シグルイでも『脳味噌がうどん玉の如くこぼれ落ち』だし・・・
1番凄惨さを感じるのは、登場人物がゴミの様に続々死んでいくトコなんじゃないかなァ、多分。
ほんの1ページ語られただけで、すぐ殺される人物多いって・・・

以上、色々纏まってる様で纏まってない感想☆
内容が内容だから、薦めはしないけど興味があったら読んでみてって感じ。
日本史の裏面が垣間見得ると思う、泰平の世に起こった出来事とは思えない、自分も史実かどうか未だ悩む処だったり。
で も 責 任 は 一 切 持 た な い よ !
さァ、次は何を読もうかなァ。(未読本を溜めてる阿呆)

学校で火災訓練があった、大した事じゃないけどさ・・・
避難場所の確認みたいな事と消火器の使い方説明。
まァ、やるに越した事は無いけど実際に家事や小火が起こった時に冷静に同じ行動がとれるものなのかなァ・・・
そんな事言っちゃお終いなんだけどさ☆
日頃の訓練、是重要也・・・、と書いておこう。

ゲーセンでポプ、DDR、弐寺プレイ。
特に新しくクリアした曲無し、てかポプ15は『撫子ロック』『超中華流行歌曲』が1番のお気に入りだからプレイ回数も多い。
他の曲は・・・、うーん『ロクブテ』も良いんじゃないかなァ!?
てか『EXホクト』クリア出来ねェえええええエ!!!

今週の『私は加護女』、最後のオチがなんとも言えない。
漫画家=夜の仕事って言い切っちゃってるよ。
てか『夢幻紳士 迷宮篇』もう発売してたんだ・・・orz
てっきり25日だとばっかり思ってたヨ、明日絶対買うさ!


武装
『戦う事は奇麗事じゃない』
刀を交えれば、血が飛ぶ四肢が飛ぶ。
生還出来る保証無し、そんな危ない事なのだと当たり前の事を忘れてた。
【2007/05/24】 | 通常日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<あんな時代もあったねと | ホーム | 押しても駄目なら>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://becrazy49.blog73.fc2.com/tb.php/348-66d4d8d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。